カテゴリー:健康コラムの記事一覧

美容健康ブログ

カテゴリー:健康コラム

肩こり頭痛の原因と解消法!即効性があるのはコレ!

肩こりとそれを原因とした頭痛に悩んでいる方、多いですよね!私も正に肩こり頭痛に悩んでいる一人です。

どうして肩こりから頭痛になるのでしょうか??今回はその解消法も併せてご紹介します!


肩こり頭痛の原因とは?




私たちの日常生活は姿勢の悪いデスクワークや、インターネットやゲーム、スマホで目を酷使するなど、肩こり・首こりの原因となる動きであふれています。そんな状態のとき肩や首の筋肉の中では、疲労物質が作られ固くなることで、血流が悪くなっているのです。

肩こりの原因とはズバリ、この血流が悪くなることで起こる筋肉疲労なのです。

疲労物質が溜まると筋肉が固くなってますます血流が悪くなり・・・という悪循環が起こり、肩こりが慢性化していくようですね。

この筋肉疲労と今回のテーマである頭痛の関係は簡単で、頭・肩・首の筋肉の多くは繋がっているんです!肩や首の筋肉が固くなることで頭の筋肉も緊張し血流が悪くなってしまうので、頭痛が起きてしまうようです。

頭痛になるのは脳からの「血流不足だよ~!」というサインなのかもしれませんね。


肩こり頭痛、解消法をご紹介!




ということで、この肩こり頭痛を解消するためには、血流を良くすることがポイントになりそうですね。

解消法の中でも即効性がありそうな方法をいくつか調べてみました!


①ツボ押し


天柱という後頭部の首の上、髪の生え際付近、2本の太い筋肉の左右にあるくぼみ(2か所)です。血行を良くする効果があり、頭痛・首のこり・眼精疲労にも効果が期待できます。正に今回のテーマにピッタリのツボですね!


②蒸しタオルと冷たいタオルで血行促進


ハンドタオルを2枚用意し水で濡らして絞ったものを、1枚は電子レンジで1分ほど加熱する。温かいタオルと冷たいタオルを交互に目に当てる(3~5回繰り返す)。

血行促進することで頭痛解消と、眼精疲労にも効果があるとのこと。またこれを首に当てても首こり解消の効果から頭痛解消が期待できます。(リラックス効果も!)


③入浴

何といっても血行促進といえば入浴ですね!いつもよりぬるめのお湯に長めにつかることが良いようです。入浴が難しい場合、足湯だけでも全身の血行促進に効果があるので、バケツ一つでできる簡単な方法ですしおすすめですよ!


まとめ


今回は肩こり頭痛の原因と解消法を見てきました。調べているとストレッチという解消法もたくさんあるのですが、個人的にはストレッチで頭痛まで改善した記憶がないので今回は除外していますが、色々なストレッチが考案されているので調べてみるのもいいかもしれませんね。

私も頭痛が始まるとつい薬に頼ってしまいがちですが、血行促進という方法を試してみる価値はありそうだな~と感じました。

ただ肩こりからきている頭痛ばかりとは限らないので、頭痛が続いている、我慢できないような痛み、めまいや吐き気を伴うなどの場合は、我慢せず病院を受診してくださいね!

猫背はストレッチや筋トレで簡単に矯正できるの?

近年増加中の猫背「ブスの象徴」と言われており、テレビや雑誌などで猫背改善法が特集されるほど社会現象となっています。

なぜ、猫背=ブスというイメージが付いてしまったのかというと、姿勢の良い女性は「誠実で賢そう」「立ち振る舞いが優雅」「凛としており、気品がある」と才色兼備な印象を与えることができるのですが、姿勢悪い女性は「だらしない」「若いのに老けて見える」「覇気がなくて暗い」など悪い印象を与えてしまいます。

そのため、世界で活躍している女性や日本の女性著名人の方々は皆、いつでも背筋をピンと伸ばしており、凛とした美しい花のようです。

さて、そんな美しい彼女たちのように背筋をピンとしたいのですが、猫背の姿勢が染み付いてしまうとなかなか矯正するのは難しいですよね。

そこで、今回は無理なく猫背を改善させるためのオススメストレッチ&筋トレ方法をご紹介したいと思います!


猫背とは?



猫背には、首猫背・腰猫背・背中猫背・お腹猫背など様々な猫背があります。

首猫背とは、首が前方に倒れており、肩甲骨から背中にかけて丸まっている姿勢のことで、首や肩に負担がかかっており、ひどくなると動悸や息苦しさなど呼吸器系の症状が現れるようになります。

腰猫背とは、デスクワークの方に多い猫背で、前のめりになる姿勢です。

腰猫背になると、腰が大きく湾曲し、頻尿器系や生殖器系に負担がかかります。また、月経痛が酷い方は腰猫背の可能性があると言われています。

背中猫背とは、日本人に多い猫背であり、背中部分が大きく湾曲し、胸焼けや胃痛を引き起こすことがあります。また、就寝中背中に痛みを感じることもあるので、不眠症になる方も多いそうです。

お腹猫背とは、女性によく見られる猫背です。別名「隠れ猫背」と呼ばれており、お腹がポッコリ出ており、お腹以外の部位に湾曲の症状が現れません。症状は首の痛みや肩こりをはじめ、下半身にだるさを感じるのが特徴です。

また、どの猫背にも言えますが、姿勢が悪くなると精神面も弱くなり、容姿も悪くなります。

そのため、初対面の方からはあまり良い印象が得られず、頸椎がゆがんで自律神経のバランスを崩してしまうため、うつ病などの精神疾患を患う危険性もあります。

他にも腰痛・首や肩の慢性的なコリ・片頭痛・内臓疾患・美容面の悪化などにも繋がりますので、姿勢はとっても重要なものです。


猫背改善ストレッチとは!?



醜い姿勢とおさらばしたいけど、どうやって改善したら良いか分からないという方にオススメなのが猫背改善ストレッチです。

猫背の方は、自然にその姿勢になってしまうため、日常生活でふと気付いたときに姿勢を正す努力が必要になります。ですが、ただ姿勢を正すだけではちょっぴり効果が足りないので、1日たった10分で行える猫背改善ストレッチをご紹介します。

猫背改善ストレッチのポイントは、胸・首・肩甲骨周辺・お腹・腿の裏やお尻の筋肉をほぐすことです。


胸の筋肉をほぐすストレッチ


①背中で両手を組み、そのまま遠くへ伸ばして胸を軽く張ります。
②自然な呼吸を20秒から30秒ほどかけてゆっくり行います。
③元の状態に戻して完了です。

手を組んで引っ張ると肩に力が入ってしまう場合は、手を内側へ捻り、手のひらを外側に向けて伸ばすと良いでしょう。このストレッチは、1日2セットを目安に行うと呼吸がしやすくなります。


首の筋肉をほぐすストレッチ


①首を右に倒し、右手を左の頭のこめかみ付近に置き、軽く頭を倒すのをサポートしながら引っ張ります。
②首筋が伸びて気持ち良いと感じる程度の強さで20秒から30秒かけて左右1セットずつ行います。

首にはたくさんの神経や筋肉がありますので、行う際は注意してください。また、猫背からくる頭痛にも効果がありますので、猫背の頭痛がきたと思ったら実践してみてください。


肩甲骨周辺をほぐすストレッチ


①椅子に正しく腰掛けます。
②両手を垂直に上げ、手のひらを外側に向けた状態で肘を曲げながら下へおろしてゆきます。
③胸を張った状態で肘を軽く身体の後ろの方へ引き、呼吸を整えながら15回から20回ほど繰り返し行います。

正しいストレッチを行うと、背中全体が温かくなってきます。同じ姿勢を取っていると肩が凝ってくるという方にオススメです。


お腹をほぐすストレッチ


①うつぶせで横になります。
②胸の横に手を付いたら、無理をしないように上半身を起こしてゆきます。
③おへその下あたりが床から離れるまで上体を起こして20秒から30秒ほどキープします。

このストレッチを2セット行いましょう。肩の力を抜いて目線は天井に向けるのがポイントです。


腿の裏とお尻をほぐすストレッチ


①仰向けで横になります。
②右足の裏もしくは膝を抱え、左右の足を20秒から30秒ほど引っ張ります。
③かかとが内側にくるように膝を外側に曲げ、膝やかかとを持つようにします。
④かかとを持つ手を胸の方に引き上げるようにすると腿の裏側と付け根、お尻の部分が伸びます。

これを左右20秒から30秒ほど行います。

参考サイト:http://www.stretchpole-blog.com/catback-stretch-1066

猫背は筋トレでも解消することが可能ですが、腹筋と背筋をバランス良く鍛えるのがポイントですので、腹筋を50回やったら、背筋も同じ50回行うようにしましょう。

筋トレにて猫背を改善する際は、1日に10回ずつ2セット行うようにし、無理をしない程度に行うのが基本です。


まとめ


今回は猫背の改善についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

猫背を改善するのはとても大変なことですが、毎日コツコツとストレッチや筋トレを行うことで徐々に姿勢が良くなり、ポッコリお腹や体調不良なども自然と改善されてゆきます。

また、どうしてもストレッチや筋トレで改善されないという方は整体などへ足を運び、レクチャーを受けたり、矯正グッズを活用して姿勢を正すという方法もございます。素敵なシルエットの女性を目指し、猫背を改善してゆきましょう!

足のむくみの原因と即効性のある解消方法とは?

社会人になると1日中同じ姿勢でいることが多くなり、朝は何事も無かったのに就業時間になると足がパンパンにむくんでいることが多くなりますよね。昔は女性の方に多く見られた足のむくみですが、近年は男性にも足のむくみが見られるようになりました。

なぜ、足がむくむのでしょうか?

その原因は血液の循環にありました。ですが、なかには生命を脅かすたいへん危険なむくみもあったのです!そこで、今回は足のむくみの原因と即効性のある解消法をご紹介したいと思います!


足がむくむ原因とは?


血液は心臓から動脈を通って全身の細胞へと水分や栄養成分を送り届け、新しいものと入れ替わるのですが、その際不要となった水分は静脈やリンパ管を通じて再度身体の中を循環し始めます。しかし、何かの理由から静脈やリンパ管の流れが滞り、戻ってくるべき水分が留まってしまうことがあります。これがむくみの正体です。

むくみには、短時間で解消される一過性のものと何かしらの疾患や怪我によって引き起こっている病的なものに分けられます。

病的なむくみの場合、起床後1時間から2時間経過しても改善されず、むくみの状態が1週間以上続いていることが多いので、このような症状が現れている方は、すぐに信頼できる医師に相談されることをオススメします。

一過性のむくみの場合、原因として考えられるのは以下の通りです。

・長時間同じ姿勢でいる。
・水分や塩分の過剰摂取。
・運動不足。
・ホルモンバランスの乱れ。
・冷え性や睡眠不足に悩んでいる。
・リンパの流れが悪い。
・飲酒。

など様々な原因が挙げられます。特にストレスや疲労によってリンパの流れが滞ると余分な水分が皮膚の下へ溜まってしまい、足がむくんでしまうので注意しましょう。

病的なむくみを引き起こしている場合は、何をしていても足がむくんでおり、痛みがある場合がありますので、自身のむくみの症状を常に確認しておき、いつもと違うと感じたらすぐに信頼できる医師に診てもらうようにしましょう。


足のむくみを即効で解消する方法とは?


198c232200f1582cfb1f9de1a7b474e9_s

「彼氏とデートなのに、足がむくんでブーツが履けない」「合コンがあるのに足がむくんでいてオシャレな服が着れない」など足のむくみによって楽しい時間を潰されてしまったとう方々も多いかと思います。

そこで、足のむくみを即効で解消する方法をご紹介したいと思います!


食べ物


足のむくみの原因として「水分の過剰摂取」「腎機能の低下」「水分不足」が考えられる場合、それぞれに合わせた対処法を取ることで改善されることがあります。

水分の過剰摂取の場合、人間は1日に2リットルや3リットル水を飲んでもむくむことはありません。しかし、1度に大量の水分を摂取してしまうと、身体が正常な水分調節を行うことが出来ず、摂取した水分を排出せずに身体にため込んでしまいます。

特に喉が渇きやすい夏場は大量に水分を摂取してしまいがちですので、こまめに水分補給するように注意しましょう。

腎臓は体内に溜まっている水分を尿として体外へ排出する役割を担っています。そのため、腎機能が低下してしまうと、体内の水分をスムーズに排出することができなくなるため、むくみが引き起こってしまうのです。

水分不足が原因の場合、活動するために必要な水分が体外から入ってこなくなることで、汗や尿として排出されなけれなばらない不要となった水分を身体の中に貯め込こんでしまうため、むくみを生じてしまいます。

これらの症状を解消するためには、むくみ解消作用を持つ「カリウム」がたっぷり含まれている食べ物を摂取すると良いと言われています。カリウムには利尿効果があるので、体内に溜まっている不要な水分を排出するとともに塩分も体外へ排出してくれるので、むくみをすっきり改善することができます。

カリウムを含んでいる食べ物は、ブロッコリー・さつまいも・ほうれん草・ニンニク・アボカド・パセリ・紫蘇・プルーン・バナナ・リンゴ・昆布・ひじき・あおさ・鰹節・鯵・煮干しなどが挙げられます。

ですが、カリウムは煮たり、茹でたりすると溶けて無くなってしまうので、そのまま食べられる納豆やカリウムがたっぷり含まれているルイボスティーなどで体内に摂り込むのもオススメです。


ツボ


食べ物でむくみを改善するには、バランスの良い食事を心掛けなければなりません。しかし、なかなか食生活を改善することができないという方は、むくみを改善することができる「ツボ」を刺激してみてはいかがでしょうか。

●水分
身体の中心線上にあり、おへそから指幅1本ほど上に上がったツボ。

●水道
おへそから指幅4本下の部分から左右に指幅3本ずれた位置にあるツボ。

●足三里
膝蓋骨のすぐ外側にあるくぼんだ場所から、不備幅4本下に降りた場所にあるツボ。

※すねのふちに当たります。

●三陰交
内側のくるぶしの中心から指幅4本上に上がった場所にあるツボ。

●復溜
内側のくるぶしの中心から指幅3本上に上がった位置にあるツボ。
※アキレス腱の前縁を押すと痛みがあります。このツボは両足にあります。


むくみ解消グッズ


ドラッグストアなどで販売されているむくみ解消グッズで解消したいという方に効果的なむくみ解消グッズをご紹介します。

●着圧ソックス
着圧ソックスを着用する際、必ず「hPa」「mmHg」を確認してから購入しましょう。hPaや mmHgとは、圧力を表す数値です。1mmHgは1.33hPaですので、10mmHgから15 mmHgはとても弱い圧力ということになります。

圧力は強過ぎても弱すぎてもいけないので、むくみ解消を謳っている着圧ソックス以外は着用しない方が良いでしょう。また、就寝時に着用するのは動脈閉塞の危険性がありますので、着用は避けましょう。特に30 mmHg以上の着圧ソックスは危険です。

また、1日中履き続ける方もおられますが、着圧ソックスは足の疲れを取るためのものですので、履き続けるのはよくありません。


●樹液シート
木酢液や竹酢液など樹液成分がたっぷり染み込んだ湿布薬のことを樹液シートと言います。樹液シートには体内に溜まった老廃物や水分を吸収する効果があるため、デトックス効果を得ることが可能です。

さらに、足の疲労感やだるさ、冷え性や肩こりも改善する効果も期待されているので、男性からも人気があります。

樹液シートは、就寝前に足の裏に貼るものだと思われがちですが、実は足の裏以外にも張ることができる画期的な湿布薬なのです!

ですが、足の裏にはたくさんのツボがありますので、身体の不調部位に合わせて樹液シートを貼ると改善されることがあります。特に効果的な貼り方はお風呂上りや就寝前に土踏まずの部分に貼ることです。土踏まずには胃腸や腎臓機能を向上させるツボがありますのでオススメです。

他にもアロママッサージやローラーなど様々なグッズがございますので、使い勝手の良いものを選んで使用することをオススメします。


まとめ


今回は足のむくみの原因や解消方法についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

足のむくみは一過性のものと病的なものの2パターンございますので、いつもと違うと感じたらすぐに信頼できる医師に相談するように心掛けましょう。

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます