くせ毛に悩む女性は多いと思います。そんな女性たちが毎年ゆううつになってしまうのが、“梅雨入り”ですよね。広がる、うねる、アホ毛が…などなど、梅雨の時期のくせ毛の悩みは挙げたらキリがありません。

今回はこの梅雨入りでますます気になってしまうくせ毛について、その直し方なども併せてご紹介したいと思います!


梅雨の時期にくせ毛が気になるのはなぜ!?


まずくせ毛の原因について簡単に解説しますね。

髪の毛はそのほとんどがタンパク質でできています。そのタンパク質は2種類のタイプの繊維で構成されており、水分を含みやすいタンパク繊維と、含みにくいタンパク繊維なのです。

この2種類が均等に分布していれば直毛になるのですが、均衡が偏っていると縮れ毛になってしまい、それが“くせ毛”と表現されているんです。

ということで外気の湿度が高いと水分を含みやすい繊維が反応して凹凸が強調され、髪が膨らんだり広がりやすくなってしまうんですね~。

そして気象庁発表の平均によると、日本は最も湿度の低い1月が58%なのに対し、6月が78%、7月になると80%まで上がってしまうのです…!これでは梅雨の時期くせ毛に悩まされる人が多くなってしまうのも納得ですね~!


くせ毛直しに最適なドライヤーの使い方


ドライヤー

梅雨時期のくせ毛対策には、ドライヤーの使い方がポイントのようです。

●最後に冷風を当てる
●風は前から後ろ・上から下へ
●スタイリング剤はワックスタイプ、仕上げにスプレーでキープ

今回の直し方はあくまでもストレートタイプの髪型の方のものですが、以上の3点に気を付けて朝のセットをすると良さそうです。

しかし、梅雨時期はブローよりもアイロンでガッツリ仕上げた方がキープ力は高そう。その場合でも、最後にドライヤーで上から下へ冷風を当てるとキープ力とツヤがアップするようです。

今日からでも試せるセット法なので、ぜひお試しください!

ちなみに、気になるアホ毛に対しては分け目を変えてみると意外と少なくなる場合もあるようです。またまとめ髪用のスティック(おくれ毛などに使われる)も、アホ毛応急処置として便利なアイテムのようですよ!(これは私も早速試してみよう~!)


まとめ


今回は梅雨の時期に気になるくせ毛の原因と対策についてご紹介してきました。

実は私も結構な多毛とくせ毛に悩まされていました…。が、ここ何年かはヘアスタイルをショートボブのパーマスタイルにすると梅雨もそれなりに乗り切れる!という結論に至っています。(ロングより短いスパンで美容室に行かなければいけませんが…)

梅雨時期もガッツリパーマヘアにムースなどでスタイリングしてしまうと、朝も楽だしくせ毛も意外と目立ちません!

ヘアスタイルを根本的に見直してみるのも、一つのくせ毛対策になるかもしれませんね!