近年増加中の猫背「ブスの象徴」と言われており、テレビや雑誌などで猫背改善法が特集されるほど社会現象となっています。

なぜ、猫背=ブスというイメージが付いてしまったのかというと、姿勢の良い女性は「誠実で賢そう」「立ち振る舞いが優雅」「凛としており、気品がある」と才色兼備な印象を与えることができるのですが、姿勢悪い女性は「だらしない」「若いのに老けて見える」「覇気がなくて暗い」など悪い印象を与えてしまいます。

そのため、世界で活躍している女性や日本の女性著名人の方々は皆、いつでも背筋をピンと伸ばしており、凛とした美しい花のようです。

さて、そんな美しい彼女たちのように背筋をピンとしたいのですが、猫背の姿勢が染み付いてしまうとなかなか矯正するのは難しいですよね。

そこで、今回は無理なく猫背を改善させるためのオススメストレッチ&筋トレ方法をご紹介したいと思います!


猫背とは?



猫背には、首猫背・腰猫背・背中猫背・お腹猫背など様々な猫背があります。

首猫背とは、首が前方に倒れており、肩甲骨から背中にかけて丸まっている姿勢のことで、首や肩に負担がかかっており、ひどくなると動悸や息苦しさなど呼吸器系の症状が現れるようになります。

腰猫背とは、デスクワークの方に多い猫背で、前のめりになる姿勢です。

腰猫背になると、腰が大きく湾曲し、頻尿器系や生殖器系に負担がかかります。また、月経痛が酷い方は腰猫背の可能性があると言われています。

背中猫背とは、日本人に多い猫背であり、背中部分が大きく湾曲し、胸焼けや胃痛を引き起こすことがあります。また、就寝中背中に痛みを感じることもあるので、不眠症になる方も多いそうです。

お腹猫背とは、女性によく見られる猫背です。別名「隠れ猫背」と呼ばれており、お腹がポッコリ出ており、お腹以外の部位に湾曲の症状が現れません。症状は首の痛みや肩こりをはじめ、下半身にだるさを感じるのが特徴です。

また、どの猫背にも言えますが、姿勢が悪くなると精神面も弱くなり、容姿も悪くなります。

そのため、初対面の方からはあまり良い印象が得られず、頸椎がゆがんで自律神経のバランスを崩してしまうため、うつ病などの精神疾患を患う危険性もあります。

他にも腰痛・首や肩の慢性的なコリ・片頭痛・内臓疾患・美容面の悪化などにも繋がりますので、姿勢はとっても重要なものです。


猫背改善ストレッチとは!?



醜い姿勢とおさらばしたいけど、どうやって改善したら良いか分からないという方にオススメなのが猫背改善ストレッチです。

猫背の方は、自然にその姿勢になってしまうため、日常生活でふと気付いたときに姿勢を正す努力が必要になります。ですが、ただ姿勢を正すだけではちょっぴり効果が足りないので、1日たった10分で行える猫背改善ストレッチをご紹介します。

猫背改善ストレッチのポイントは、胸・首・肩甲骨周辺・お腹・腿の裏やお尻の筋肉をほぐすことです。


胸の筋肉をほぐすストレッチ


①背中で両手を組み、そのまま遠くへ伸ばして胸を軽く張ります。
②自然な呼吸を20秒から30秒ほどかけてゆっくり行います。
③元の状態に戻して完了です。

手を組んで引っ張ると肩に力が入ってしまう場合は、手を内側へ捻り、手のひらを外側に向けて伸ばすと良いでしょう。このストレッチは、1日2セットを目安に行うと呼吸がしやすくなります。


首の筋肉をほぐすストレッチ


①首を右に倒し、右手を左の頭のこめかみ付近に置き、軽く頭を倒すのをサポートしながら引っ張ります。
②首筋が伸びて気持ち良いと感じる程度の強さで20秒から30秒かけて左右1セットずつ行います。

首にはたくさんの神経や筋肉がありますので、行う際は注意してください。また、猫背からくる頭痛にも効果がありますので、猫背の頭痛がきたと思ったら実践してみてください。


肩甲骨周辺をほぐすストレッチ


①椅子に正しく腰掛けます。
②両手を垂直に上げ、手のひらを外側に向けた状態で肘を曲げながら下へおろしてゆきます。
③胸を張った状態で肘を軽く身体の後ろの方へ引き、呼吸を整えながら15回から20回ほど繰り返し行います。

正しいストレッチを行うと、背中全体が温かくなってきます。同じ姿勢を取っていると肩が凝ってくるという方にオススメです。


お腹をほぐすストレッチ


①うつぶせで横になります。
②胸の横に手を付いたら、無理をしないように上半身を起こしてゆきます。
③おへその下あたりが床から離れるまで上体を起こして20秒から30秒ほどキープします。

このストレッチを2セット行いましょう。肩の力を抜いて目線は天井に向けるのがポイントです。


腿の裏とお尻をほぐすストレッチ


①仰向けで横になります。
②右足の裏もしくは膝を抱え、左右の足を20秒から30秒ほど引っ張ります。
③かかとが内側にくるように膝を外側に曲げ、膝やかかとを持つようにします。
④かかとを持つ手を胸の方に引き上げるようにすると腿の裏側と付け根、お尻の部分が伸びます。

これを左右20秒から30秒ほど行います。

参考サイト:http://www.stretchpole-blog.com/catback-stretch-1066

猫背は筋トレでも解消することが可能ですが、腹筋と背筋をバランス良く鍛えるのがポイントですので、腹筋を50回やったら、背筋も同じ50回行うようにしましょう。

筋トレにて猫背を改善する際は、1日に10回ずつ2セット行うようにし、無理をしない程度に行うのが基本です。


まとめ


今回は猫背の改善についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

猫背を改善するのはとても大変なことですが、毎日コツコツとストレッチや筋トレを行うことで徐々に姿勢が良くなり、ポッコリお腹や体調不良なども自然と改善されてゆきます。

また、どうしてもストレッチや筋トレで改善されないという方は整体などへ足を運び、レクチャーを受けたり、矯正グッズを活用して姿勢を正すという方法もございます。素敵なシルエットの女性を目指し、猫背を改善してゆきましょう!